肝機能の情報をまとめました。

 

肝臓の機能が低下してしまうと、
ビリルビンの数値があがります。
このように、ビリルビンと肝臓には関係性があるのです。
その関係性とはどのようなものなのでしょうか。

 

○ビリルビンと肝臓の関係性
ビリルビンは、赤血球が壊されたときにできる物質です。
そして、血液中の黄色の色素なんです。
このビリルビンは、肝臓で間接型ビリルビンから、
直接型ビリルビンに変えられた後に、
胆管を通って、体の外へと排出されていきます。
ですが、このビリルビンが何らかの原因で
血液中に大量に増えてしまうと、黄疸と呼ばれる病気にかかってしまいます。
皮膚が黄色くなってしまう病気です。
ビリルビンには、
間接型ビリルビンと、直接型ビリルビンがありますよね。
この、ふたつのビリルビンどちらかひとつでも、
増えすぎてはいけません。
どちらが、増えすぎているのか調べることによって、
なにが起きているのかもわかってくるのです。
・間接型ビリルビンが増えている

これは、溶血がなんらかの原因でできにくい場合、
肝臓の機能の低下で、水溶性にできにくい場合などに、
増えてしまいます。

 

・直接型ビリルビンが増えている
肝臓に病気がある場合に増えていることが多いです。
肝臓の機能の低下により、
血液中にビリルビンが逆流してしまっているのです。

 

○肝臓が病気にかかると、なぜビリルビンの数値があがる?
ビリルビンが、自然に外に排出されるには
肝臓の役割が欠かせません。
ですから、肝臓の一部でも何らかの原因で
機能が低下してしまうと、ビリルビンがうまく外へ
排出されなくなっていまいます。
結石などがつまると、
そこを通るビルリビンは、通れなくなり
その結果、血液中にあふれでてしまいます。

 

こんな事態を防ぐ為にも、
肝臓に良い生活習慣を送ることが大切です。

 

ちなみに、肝臓の働きを高めてくれる食べ物として、
しじみ、牡蠣などが有名です。
これらの、食材を食べることによって
肝臓の働きをたすけてくれるんですよ。

 

お酒のお供にすると良いのではないでしょうか。