肝臓との関係記事一覧

肝臓の機能が低下してしまうと、ビリルビンの数値があがります。このように、ビリルビンと肝臓には関係性があるのです。その関係性とはどのようなものなのでしょうか。○ビリルビンと肝臓の関係性ビリルビンは、赤血球が壊されたときにできる物質です。そして、血液中の黄色の色素なんです。このビリルビンは、肝臓で間接型ビリルビンから、直接型ビリルビンに変えられた後に、胆管を通って、体の外へと排出されていきます。ですが...