百害あって一利なし!ビリルビンを上昇させる喫煙

タバコは、体にさまざまな害をあたえます。
そして、そのタバコは肝臓にも害をあたえているのです。
タバコには、ニコチン、タールなど
さまざまな体に害をあたえる物質がはいっていますよね。
そして、タバコの有害物質が
本来されるべき体の機能を低下させてしまうのです。
今日は、タバコが肝臓に与える影響について
くわしくまとめてみました。

 

○タバコは、肝臓にどのような悪影響をもたらすの?
タバコに含まれる、有害物質の中のニコチン、タール。
これらの、有害物質は肝臓の機能を低下させてしまいます。
どのような、悪影響をもたらすのでしょうか。\\\\\\\\\

 

【肝臓に悪影響、タール】
実は、タバコを吸っている人は、二日酔いが長引きやすいんです。
私だ…と思った方もおおいのではないでしょうか?
やはり、その原因にはタバコに含まれる有害物質にあったのです。
タバコに、含まれる有害物質の中の「タール」、
ご存知の方がおおいですよね。
この「タール」に原因があったのです。

 

アルコールを飲むと、アルコールに含まれている有害物質、
アセトアルデヒドという物質を、肝臓が酸素と二酸化炭素の、
無害である物質にかえてくれます。
ですが、タバコに含まれる「タール」がその働きを妨げてしまいます。
すると、アセトアルデヒドがなかなか
無害である物質にかえられずに、肝臓の中に長時間いすわることになるのです。
その結果、肝臓の機能が低下し、二日酔いも長引くことになるのです。

 

また、「タール」には発がん性もあるので注意が必要です。

 

【肝臓に悪影響、ニコチン】
「ニコチン」は、血管を収縮させてしまう作用や、
血液をどろどろにしてしまう作用があります。
そして、依存性があることで、
「ニコチン」が血液中に少なくなると、タバコを吸いたいという
症状がでてきます。

 

この、「ニコチン」はだいたい2時間ほどで
血液中のニコチンが半分になるそうです。
そして、体が「ニコチン」をほしがって、またタバコを吸ってしまうのです。
その結果、つねに血液中に「ニコチン」が含まれている状態になるのです。

 

すると、「ニコチン」を分解する役割をする肝臓が、
つねに働き続けないといけなくなり、
どんどん肝臓に負担がかかっていくのです。

 

 

もちろん、タバコにはまだまだ有害物質が含まれており、
「ニコチン」「タール」以外にも肝臓で処理されます。

 

それらの有害物質を、一気に処理するのは肝臓にとって
大きな負担となり、肝臓の機能をどんどん低下させていくんです。

 

肝臓だけでなく、体全体に害を及ぼすタバコ…
百害あって一利なしです。

関連ページ

飲酒
こちらのサイトではビリルビンと結石の種類別症状、原因、改善策や、サプリメントにいたるまで様々な改善情報を纏めています。