知らぬ間にビリルビン高値に!飲酒の恐ろしさ

ビリルビンの数値を左右する、肝臓。
そして、その肝臓の機能を悪くしてしまう、お酒。

 

だけど、お酒は飲みすぎさえしなければ、
身体にとって良いのとなります。
なので、お酒は少量でも飲んではだめ!とは言いません。
適量さえ守って飲んでいただければよいのです。

 

○一日のアルコール、適量?
じゃあ、アルコールは一日、どのくらいまでなら
飲んでも大丈夫なのでしょうか?
ざっくり言わせてもらうと、25g程度になります。
25gといわれても、分からないよ!と思いますよね。

 

なので、ビール、日本酒、焼酎でおおよそですが説明させていただきます。
・ビール 5度 中ビン一本(500ml)
・日本酒 15度 一合(180ml)
・焼酎 25度 半合(90ml)
この、量が一日の適量になります。
お酒好きの方にとっては、少し少なく感じるかもしれませんが、
この量をオーバーすると体にとって害となってきます。

 

ですが、この量をオーバーしなければ、
アルコールは、善玉コレステロールを増やしてくれる働きをします。
そして、動脈硬化起こりにくい体になるんです。
血行もよくなり、
脳卒中、虚血性心疾患の予防にもつながるというから、
なんともおどろきですよね。

 

適量さえ守って、楽しくお酒を飲めれば、
体にとっても良いものとなるアルコールです。
ですが、一線をこえてしまうと体にとって害になってしまうアルコールです。
一度、自分は飲みすぎではないか、見直してみてはいかがでしょうか。

 

○飲みすぎたらどうなるの?
誰でも知っているとおり、アルコールを飲みすぎると
体にいろいろな悪影響をもたらしていきます。
今回は、アルコールを飲みすぎてしまうことで、
肝臓にもたらす害について説明させていただきます。
簡単に説明すると、アルコールを飲みすぎると
脂肪肝、アルコール性肝炎、肝硬変
などの病気の危険性がでてきます。

 

・アルコールが肝臓に害を…
アルコールはどのようにして、肝臓に害を与えてしまうのでしょうか。
アルコールには、アセトアルデヒドという有害物質が含まれていますが、
このアセトアルデヒドを無害な物質に変えるために、
肝臓が働きます。
この働きも、アルコールを飲みすぎなければ、
簡単に肝臓で行われるので特に問題はありません。

 

じゃあ、なぜ飲みすぎてしまうと害を与えてしまうのか…
それは、
アルコールを飲みすぎてしまうことによって、
肝臓が、有害物質であるアセトアルデヒドを
大量に処理しなければならなくなります。
少量であれば、すばやく処理できても、
大量となるとなかなか処理できずに肝臓に残ってしまいます。

 

すると、肝臓の働きが低下していき、
中性脂肪の原因、脂肪酸が
脂肪の分解がおくれることで発生してしまいます。

 

その結果、中性脂肪が増えてしまった肝臓が、
脂肪肝へとなっていくのです。

 

そのうえ、アセトアルデヒドは
細胞を壊す作用があり、
脂肪肝の人が、また大量に摂取することによって、
肝硬変へとなっていくのです。

関連ページ

喫煙
こちらのサイトではビリルビンと結石の種類別症状、原因、改善策や、サプリメントにいたるまで様々な改善情報を纏めています。